買取時の高額査定ポイント

買取時の高額査定ポイント 翡翠のイヤリング買取時の高額査定ポイントとしてまず最初に見られるのは、状態が良いか悪いかといった部分です。
例えカラット量が大きく鑑別書や付属品が全て揃っていたとしても、状態が悪ければほとんど値が付かないこともあるため、翡翠の査定時には可能な限り状態を良くしてから依頼するのがベターとなります。しかし安易に布などで表面を拭いても、実は細かな傷がついてしまって、逆に状態が悪化する可能性も存在しています。そのため布などで磨く場合でもウェブや専門書である程度の知識を仕入れてから傷が付かないように配慮して実行するか、研磨の専門家に依頼して綺麗にしてもらうかといった手間が必要となります。そして状態の次に見られるのが、カラット量や色具合、産地などを総合したランクとなります。当然ながらこのランクが高いほど査定額も高くなり、最大で100万円以上の差がつく場合もあります。会社によっても額は異なってくるため、事前に問い合わせる必要もあるのです。

イヤリングの買取時の減額項目について

イヤリングの買取時の減額項目について 翡翠のイヤリング買取時には様々な減額の要因となってしまう事柄があります。
例えば常日頃身に付けていたせいで皮脂や垢、汗などといった目に見えない汚れが表面に付着していた場合、当然ながら価値は急落し時にはほとんど0円となってしまうこともあります。その事態を予防するためには、翡翠を売却する際に、事前に専門家などに依頼し、表面の汚れを可能な限り拭き取って見た目を綺麗にしておくことです。
もし自分でするという場合には、専門書やウェブなどで確かな知識を身に付けて、表面に傷が付かないように細心の注意を払って磨く配慮が必要となります。また翡翠のイヤリングには購入時に鑑別書や付属品などが一緒になっている場合が多く、売却時にこれらの有無・現存するかどうかも減額の査定要項となっています。鑑別書や付属品をなくさないためには、必ず同じ箱などにしまっておくようにします。その他にも様々な要因が絡んでくるため、事前に売却を依頼する会社に問い合わせることも大切です。