翡翠のリング買取時の高額査定ポイントとは

翡翠のリング買取時の高額査定ポイントとは 翡翠のリングを高額査定してもらうには、高品質であることが条件です。
翡翠の最高級の色は鮮明な緑色をしていて、表面にテリとトロミ、高い透明感があります。
緑色に次いで価値が高く人気なのが、ラベンダーヒスイと呼ばれる紫色の種類です。
翡翠は硬玉のジェダイドと軟玉のネフライトに分かれますが、硬いジェダイドのみが宝石の翡翠として評価されます。
ネフライトの場合には価値が低くなってしまいます。
リングに使われている地金の価値も高額査定の対象になります。
プラチナやゴールドの地金は毎日レートが変動するので、なるべく相場をチェックするようにして、レートの高い日に買取ってもらうのがポイントです。
宝石が本物である鑑別書が付いていたり、ジュエリーがブランド品である場合にも付加価値がつきます。
買取店に持って行く前には、必ずジュエリーをクリーニングして汚れを落として行くようにしましょう。
キズや欠けは査定額のマイナス要因となります。

翡翠リングの買取時における減額の対象について

翡翠リングの買取時における減額の対象について 翡翠のリングの買取査定時における減額の対象となるポイントはいくつか存在します。
まず第一に見られるのが状態であり、状態が悪いと価値が下がってしまいます。
この状態は保存されていた環境、つまり温度や湿度、直射日光が当たるかどうか、表面に傷が付くような乱雑な保管がなされていたかなどによって変わってきます。
急激に悪化する場合もあれば、長い年月をかけて徐々に劣化していく場合もあるため、もしより高価に売りたい場合にはなるべく早く売却する必要が出てくるのです。
その他にもカラット量や色具合、産地などを総合したランクの程度によっても価値は変動してきます。
基本的に低ランクの翡翠ほど価格は小さくなり、最悪の場合ほとんど0円となることもあり得ます。
カラット量が小さい、色の輝きが少ない、あまり良い産地とは言えないなどの悪条件が重なれば、当然査定額も少なくなるのです。
また付属品のない裸石の状態や、鑑別書がない場合も、減額の対象となってしまいます。