翡翠のブレスレットの高額査定ポイント

翡翠のブレスレットの高額査定ポイント 翡翠のブレスレットを買取してもらう時に高額査定となるべきポイントは、まず宝石そのものの品質の良さが重要になり、鑑別書が付いていると良いです。次にデザイン性やカッティングといった部分、地銀や脇石などもチェックされていきます。求めの需要が高いものほど高額査定となるのは当然ですが、近年では宝石を資産として考える人も増えているので質の高さは重要です。
さらに翡翠は含浸無しのナチュラルと含浸ありに分けられるケースが多く、含侵処理とは天然石にある目に見えないクラックや傷を専用のシステムで処理して埋める作業のことで、これを行っていると価値が大幅に下がってしまう場合があるので注意が必要です。老化しにくく割れにくい、強くて綺麗な宝石になりますが、査定に関しては下がってしまいます。見た目が同じように感じられても、この点によって査定額が大きく変わってきますので、購入時に含浸についても気を付けた方がいいかもしれません。

翡翠のブレスレット買取時の減額対象の説明

翡翠のブレスレット買取時の減額対象の説明 翡翠のブレスレット買取における減額対象は様々存在し、より高額に売るためにはそれらの条件に配慮する必要があります。まず真っ先に注目されるのは状態であり、状態が悪いと価値が下がってしまいます。少しでも状態を良くするためには、温度や湿度、直射日光などの環境に常に注意すること、及び地震や強い衝撃なども可能な限り避けることです。また本物の翡翠だということを証明するための鑑別書や、購入する際に付いていたはずの各種の付属品がない場合なども減額の対象となってしまいます。
そのような状況を避けるためには、証明鑑別書や付属品は別の所に置いたままにはせず、翡翠の入っていた箱や包装と一緒に、大切に保管することです。さらに価値が下がってしまう要因として、カラット量が小さい、色の輝き具合が鈍い場合などもあります。色の輝き具合に関しては、表面を専用の布などで磨くことによって、ある程度復活することもあるため、専門家に依頼するのが確実となります。